女の人

化粧品の力でシミの悩みを解決|肌トラブルをなくそう

健やかで綺麗な肌を作ろう

顔を触る人

肌を健やかに保つために

敏感肌になると、肌トラブルを引き起こしやすい肌質になります。たとえばニキビ、炎症、かゆみ、赤み、粉拭き、ひび割れなどがあると、メイクのノリも悪くなります。人によってはオイリー肌や毛穴の開きが目立つこともあります。敏感肌は乾燥肌ともいえます。乾燥肌になると肌の表面の薄いバリア層も破壊されたり薄くなってしまいます。そうすると少しの刺激でも肌がチクチクし、ストレスも感じやすくなります。たとえば少し髪の毛の先が触れただけで肌に負担を感じやすくなっていることもあります。また、内側の水分がどんどん蒸発していってしまうため、いくら保湿をしても時間がたてばまた乾燥してしまいます。敏感肌を治すためには日ごろの肌への扱いやケアを見直し、正しいケアを始めることが必要です。

正しいスキンケアをしよう

敏感肌を引き起こす行動として、過剰な洗顔、触りすぎ、圧のかけすぎ、毛穴の汚れの放置、水分不足などがあげられます。まずは洗顔、スキンケアから見直しましょう。洗顔はきめ細かいモコモコとした泡で優しく圧をかけずに洗います。時間も1分以内に収め、洗顔料を使った洗顔も一日二回までにしましょう。化粧水もあまり肌にべたべた触りすぎないように注意しましょう。肌の表面の皮膚は非常に薄い層でできており、刺激に弱く簡単に傷ついてしまいます。爪も短く切って、常に清潔な手で触るようにしましょう。洗顔の後はたっぷり保湿をして、水分が逃げないようにクリームなどでふたをしてあげましょう。あまりオイリーなものはニキビなどの原因となるため、比較的肌への刺激が少ないものを選ぶと良いです。添加物が少ない、または無添加のものを選びましょう。